各所で汎用性の高い優れた散気管はエコにも役立ちます

工業製品を作る工場や、食品工場、浄化水槽を設置している工場等では、流す汚水を可能な限り綺麗にすることが必要です。環境問題に直結してしまうものなので、非常に重要です。このような工場や各種施設で採用されている機械器具があり、散気管と呼ばれるものが該当しています。散気管は空気やガスを圧縮して汚水曹や浄化水槽に導入すると、水槽内を綺麗に保つことができ、異臭の発生も抑制することができます。

汚水を浄化できる機能性を持つタイプは、国内でも各種工場や、公的な施設でも古くから採用されているものです。散気管を使わずに汚水を流してしまうと、河川や工場周辺の環境を劣悪なものにしてしまうので、適材適所で使い分けることで本来の効果を発揮できます。国内には多数の散気管のメーカー企業が存在しており、性能の高さで競っていることも目立ちます。導入に際しは、浄化能力が高いことは勿論のこと、設置する水槽の規模や汚水の種類別で選び出す方法もあります。

自社で判断できない場合でも問題は無く、各メーカーでは現地調査を行った上で、最適な設備を整える作業まで引き受けている会社があるので全てを任せることができます。古い散気管をお使いの工場等では、ポンプの消費電力が大きい場合があります。新しい機種の場合はメンテナンスを施す期間が長かったり、消費電力を大幅にカットしている機種も目立つので、ランニングコストを考えた場合は、既に設備で使っている場合でも、新設する方にメリットがあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です