排水処理の散気管の役目とは

工場排水や下水処理場などに、欠かせない製品が散気管です。散気管は「散気装置」とも呼ばれており、世界の上下水道処理施設などでも使用されています。液体中にガスを排出する管が、散気管の本体です。これらを取り付けることで、排水や汚泥を浄化することが出来る上に、除去コストを下げることも可能となります。

また、積極的にこのような環境にとって良い装置を取り入れることで、企業イメージがアップするというメリットも期待できるでしょう。汚泥の除去は以前は非常にコストがかかるもの、という認識がありました。優れた散気管を取り入れることで、汚泥を除去するよりも、水泡を発生させることに電力は使用されます。その上汚泥は分解され、水は浄化されるのですから、大変便利な機器なのです。

散気管で水がきれいになる理由は、いくつかあります。まず水中にはエアーポンプから取り入れた空気を水に取り入れ、泡として大きくかき混ぜます。こうしてこびりついた汚れを落とすことが出来るのです。さらに、この空気の泡に酸素を多く含ませることで、微生物の運動が活性化されます。

微生物は汚泥や汚水の原因となる有機物などを分解する、大切な役割を担っているのです。この酸素の質が良ければ、それだけ微生物が活性化されより浄水効果が期待出来ます。現在はドイツで省エネに注目した製品が開発されたり、空気の衝突力を強めたものや、高純度の酸素を取り入れることが出来る製品などが販売されるようになりました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です