散気管の基本的な情報について

散気管とは液体の中に気体を入れることのできる管のことです。液体の中に気体を入れやすいように、気体を泡状にできるように設計されているものが一般的です。細かい泡にして空気を液体の中に入れることで、酸素が液体中に溶けやすくなります。散気管が使用されることが多いのが、水がたくさん入った状態の水槽です。

水槽を洗わないで放置しておくこと汚れがつきやすくなりますが、水をきれいにするためには液体の中にいる微生物の活動を活発化させて、液体を浄化させる必要があります。微生物が活発に活動できるようになるために必要なのが十分な酸素ですが、散気管を使用して空気の中に大量の酸素を入れることで、水中の微生物が活動しやすい状態になります。微生物が活発に動くようになれば、汚れていた液体も自然に浄化されるので、水質を正常な状態に戻すことができます。散気管を水槽の内部に使用する場合には、微生物が多く生息している場所に集中的に酸素を供給したほうが、効率よく活発化させることができます。

水槽の底に泥がたまっている場合には、泥の中に多くの微生物が存在していることも多いので、酸素を与えて活動を活発にさせることで、液体をきれいな状態にしてくれます。散気管を使用する場合に注意をしなければいけないのは、管の状態を清潔な状態に保っておくことです。汚れた水の中に長時間放置した状態のままだと、器具自体が汚れてしまう場合もあるので、定期的に水槽から取り出して洗浄する必要があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です