散気管の役割について

散気管というのは、私達の生活に実は大きく関わっている大切な物なのですが、あまり耳慣れない言葉なのでそれがどんな物なのかわからない方も多いでしょう。散気管とは、水などの液体にガスを溶解させることが出来る管になります。よく使われているのは、水槽に空気を送るためのポンプの管を考えてください。そして日々の私達の生活に役立っている部分を挙げるとすれば、工場の下水処理や産業排水処理等に利用されています。

さらに家庭に密接な部分で言うとトイレなどの生活排水処理の時にも使われています。この散気管の中で大切なのは、目詰まりをしないことです。目詰まりをしてしまうと処理能力が落ちてしまい、排水処理が上手く出来ずに環境破壊に繋がってしまいます。多くの会社が目詰まりしないということをアピールしてセールスを展開していますが、実際には処理するものによってその点は変わってくるので、注意が必要です。

そして溶解効率によって必要な電気代も変わってきますので、その点が気になる方は、溶解効率が高いものを選ぶようにすることをおすすめします。家の浄化槽にも散気管は使われているのですが、浄化槽の寿命は、基本的に10年程度と言われているので、一回交換すればしばらくはそのままになってしまいます。結果的に浄化槽は安く済んだけど電気代金が高くなり、最終的に支払う金額は高くなるという結果では本末転倒となってしまいます。その点はよく考えて選んで下さい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です