散気管は水の浄化作用があり排水処理対策に活用

散気管は廃棄処理施設や下水処理施設で利用され、工場などで排水処理対策として利用されています。悪臭や害虫の発生を抑えることができ、散気管で作られる細かな気泡により汚水がきれいになります。いままで悪臭を発生させていた理由は、微生物の代謝率が悪かったからです。散気管を使用してその効果は、微生物が活発になるので大量の酸素を放出し空気が浄化されます。

微生物の種類ではなく微生物の代謝がポイントです。装置からでる気泡により酸素濃度が高くなり微生物が活発に動くようになり、浄化槽に装着することで浄化能力が高くなるのです。細かい泡を作り出したり、目詰まりしにくい製品もありますが、定期的なメンテナンスが必要です。散気管の目的・設置場所は、活性汚泥曝気槽・活性汚泥への酸素供給・川や湖、養魚場、中和目的などがあります。

取り付けには、溶接が不要で穴を開けて密封するだけで使用できるものもあり、これらは比較的簡単に設置可能です。散気管は気体・液体を急激に衝突・反応させるので化学反応の促進や特殊用途にも使用されています。形状や材質は目的によって選択できるよう、多くの種類が販売されています。厨房での排水処理を行ったり、鉱物油の排水の処理も可能です。

激しい水流で高い酸素溶解効率と強力な撹拌対流を行い浄化しています。一般店舗で使用可能な製品から大手食品加工工場・汚泥処理場などの浄化システムが必要なところでは、この装置を導入しています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です